活動レポート ~活動実績のご紹介~

子どもサポート基金助成団体レポート

子どもサポート基金の助成先団体の活動レポートをご紹介しています。
>子どもサポート基金について

>2018年度

認定特定非営利活動法人カタリバ

双葉郡の高校生のための学校支援、放課後居場所・学び場支援活動(双葉みらいラボ)
学校併設型放課後拠点を中心に、①放課後の学習支援・②対話によるキャリア学習支援・③個々に応じた探究学習支援(授業内のコーディネートやメンター)を実施

基本情報

活動期間 2018年4月1日~2019年3月31日(複数年助成3年目)
支援人数 高校生335名
活動人数 団体スタッフ123名、ボランティア数120名(延べ164名)
連携団体 ・福島県立ふたば未来学園高等学校
・福大大学人間発達文化学類

活動の背景/内容

活動の内容

双葉郡は震災と原発事故により甚大な被害を受け、いまもなお、多くの子どもたちが避難生活を余儀なくされています。

双葉郡にあった5つの高校は休校し、現在は「県立ふたば未来学園高等学校」のみの設置となっています。

ここには、故郷で学びたいという想いを持った生徒が通う一方、避難で転校を繰り返し、大きな喪失経験の中、不登校になったり、学習に大幅な遅れがでたり、自信を持てずにいたりする生徒も通っています。

この地域の高校生のため、学校支援や放課後居場所・学び場支援活動を実施しています。

活動の内容

4月の活動

A.コラボ・スクール「双葉みらいラボ」の運営(学習支援、キャリア学習支援、探究学習支援)

5月の活動

A.コラボ・スクール「双葉みらいラボ」の運営(学習支援、キャリア学習支援、探究学習支援)B.1学年カタリ場プログラムの実施

6月の活動

A.コラボ・スクール「双葉みらいラボ」の運営(学習支援、キャリア学習支援、探究学習支援)

C.探究授業への全班へのメンター配置

D.前期中間考査期間学習支援(平成30年6月5日~6月14日)

E.地域からの参加者を募った「新校舎地域未来会議」の実施

7月の活動

A.コラボ・スクール「双葉みらいラボ」の運営(学習支援、キャリア学習支援、探究学習支援)

C.探究授業への全班へのメンター配置

D.前期中間考査期間学習支援(平成30年6月5日~6月14日)

E.地域からの参加者を募った「新校舎地域未来会議」の実施

8月の活動

A.コラボ・スクール「双葉みらいラボ」の運営(学習支援、キャリア学習支援、探究学習支援)

C.探究授業への全班へのメンター配置

D.前期中間考査期間学習支援(平成30年6月5日~6月14日)

E.地域からの参加者を募った「新校舎地域未来会議」の実施

9月の活動

A.コラボ・スクール「双葉みらいラボ」の運営(学習支援、キャリア学習支援、探究学習支援)

C.探究授業への全班へのメンター配置

D.前期期末考査期間学習支援(平成30年8月28日~9月6日)

10月の活動

A.コラボ・スクール「双葉みらいラボ」の運営(学習支援、キャリア学習支援、探究学習支援)

C.探究授業への全班へのメンター配置

11月の活動

A.コラボ・スクール「双葉みらいラボ」の運営(学習支援、キャリア学習支援、探究学習支援)

C.探究授業への全班へのメンター配置

D.後期中間考査期間学習支援(平成30年11月6日~11月15日)

12月の活動

A.コラボ・スクール「双葉みらいラボ」の運営(学習支援、キャリア学習支援、探究学習支援)

C.探究授業への全班へのメンター配置

F.ふたばマイプロジェクトアワードの開催

1月の活動

A.コラボ・スクール「双葉みらいラボ」の運営(学習支援、キャリア学習支援、探究学習支援)

C.探究授業への全班へのメンター配置

2月の活動

A.コラボ・スクール「双葉みらいラボ」の運営(学習支援、キャリア学習支援、探究学習支援)

C.探究授業への全班へのメンター配置

D.後期中間考査期間学習支援(平成31年2月5日~2月14日)

3月の活動

A.コラボ・スクール「双葉みらいラボ」の運営(学習支援、キャリア学習支援、探究学習支援)

C.探究授業への全班へのメンター配置

G.卒業生交流イベントの開催.

活動の成果

定量的な成果

①(目標)年4回全ての考査期間における学習支援を実施し、延べ3,600人の生徒が利用している➡(結果)目標を達成し、計画どおりの結果といえる

②(目標)コラボ・スクール双葉みらいラボを、延べ6,000人の生徒が利用している

➡(結果)コラボ・スクール双葉みらいラボを、延べ9,077人の生徒が利用し、目標を大幅に上回る結果となった

③(目標)メンターの配置した探究学習の授業が延べ162日(27コマ×6クラス)実施されている➡(結果)メンターの配置した探究学習の授業が延べ138日(23コマ×6クラス)実施されている(不足分の4コマは全体授業になったためカウントしていません)

④(目標)双葉みらいラボの取り組みが地域の方に共有されていると共に、地域の方が双葉みらいラボに来やすくなるような仕組みが整い、実際に足を運んでいる

➡(結果)地域の方が双葉みらいラボに来やすくなるような仕組みが整い、実際に足を運んでいる方が増えた延べ157名

⑤(目標)1期生(ふたば未来学園の初めての卒業生)が活動に関われる機会があり、実際に活動に参加している

➡(結果)1期生(ふたば未来学園の初めての卒業生)が活動に関われる機会があり、実際に活動に参加している

直面している課題など

2019年度より、活動場所が学校内に移転し、中学生も放課後の支援対象となる。

それに合わせ、これまでの支援体制を見直し、新しい環境に適した支援体制に変えていく必要がある。

この1年を通じて、みらいラボは生徒たちにとって安心できる居場所でありながら、探究活動や進路実現に向けた挑戦・成長の場にもなりました。

生徒たちはみらいラボを「第2のお家」「自分を変える場所」など、自分の言葉で表現する場面もあり、生徒たちにとって大切な場所となっています。

いつも温かいご支援をありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

資料

年度別 助成団体活動レポート一覧

お問い合わせ
〒105-7313
東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング13階
Tel:03-6889-1560 Fax:03-6889-1568

メールでのお問い合わせ

このサイトについて個人情報の取り扱いについて免責事項よくあるご質問財団についてお問い合わせサイトマップ