活動レポート ~活動実績のご紹介~

子どもサポート基金助成団体レポート

子どもサポート基金の助成先団体の活動レポートをご紹介しています。
>子どもサポート基金について

>2012年度第3期

特定非営利活動法人石巻復興支援ネットワーク

オンパク(みちくさ小道)手法を活用した子育てコミュニティ形成
趣味や特技を持つ市民らによる「達人」が小規模の体験交流型プログラムを実施し、それらを短い期間の間に一斉に開催することで人と人との交流を生み出す活動。今回は子育て中のお母さんをメインターゲットにした石巻の魅力を伝える体験プログラム「石巻に恋しちゃった♡」を企画し、子どもがいる女性が自分の趣味や特技を活かしたプログラムを実施したり、親子でプログラムに参加する機会を作った。プログラムは2013年2月1日から17日までの17日間で実施し、期間中は子育て中のお母さんを含む26人の達人たちが魅力ある体験プログラムを提供したほか、初日の2月1日は石巻市のこれからの子育てを考える子育て会議を開催した。

基本情報

活動期間 2012年8月~2013年3月
活動地域 宮城県石巻市  
活動人数 26名が講師を務め、497名が参加

写真

  • 石巻焼きそば作り
  • 流木アート
  • 子育て会議の様子
  • 開催に当たっての事前打ち合わせ

活動の背景/内容

活動の内容

【活動の背景】

本事業において取り組んだ課題の一つ目は、石巻市に住む子育て中のお母さんが子育てを楽しめるコミュニティを作ること。二つ目は、コミュニティに参加するお母さんや子どもがただ支援されるだけでなく、自分や地域の魅力を発見し、経済的自立や自己実現・地域のまちづくりの担い手として成長していける機会を作ることである。

被災した子育て中のお母さんの中には、子育て中・子育て後にできる仕事が少ない、一緒に遊びに行く友達や、子どもを連れて行くところが少ないなどの理由で、子どもを連れて外に出る機会が少なくなった方が多かった。悩みを相談できる人もなく、家の中で周囲に気を使いながら子育てをすることで心理的負担がかかり、子どもに対して愛情を持って接することができず、親子の生活や子供の成長に悪影響が出る危険があった。

これまで当団体を含め、多数のNPO・ボランティアが子育ての支援を実施してきたが、震災から2年が経過し復興まちづくりが進んでいく中で、石巻の子育て・子育ちの環境を改善するためには当事者であるお母さんたちの力を引き出し、まちづくりの担い手として参加してもらうことが重要である。そこでこうした女性たちや子どもたちが持つ力を引き出し活かしていくために、「石巻に恋しちゃった♡」を開催した。

 

【活動内容】

○開催までの流れ

8月:岡山県総社市で、ノウハウ移転元である「みちくさ小道」手法の視察

9月:当団体職員および、当団体が支援する人たちの中でプログラムを開催する意欲のある方々を対象としたみちくさ小道手法の研修会を実施。

10月:プログラム実施に関心のある達人候補の方々を対象にした「石巻に恋しちゃった♡」の説明会を開催。

11月:山元町にて、他地域の体験プログラムの視察を実施。

12月:プログラム内容決定、広告パンフレット制作。石巻市でノウハウ移転の中間報告会

1月:「石巻に恋しちゃった♡」参加者募集

2月1日~17日:「石巻に恋しちゃった♡」開催

3月:岩沼市で開催された全体報告会にて、「石巻に恋しちゃった♡」の開催報告

 

○「石巻に恋しちゃった♡」では、下記の26プログラムを開催。(ガイドブック記載順)

・子育て会議(1日に開催)

・足つぼde健康美人(6日,9日に開催)

・アロマとシンギングボウルで本格ヨガ(2日,10日,14日,17日に開催)※子育て中のお母さんが達人として参加

・おくの細道・石巻芭蕉とたどる港町散歩(1日に開催)

・宮城のさかなくんになろう(9日に開催)

・おから入りベーグルを作ろう!(5日に開催)※子育て中のお母さんが達人として参加、親子向けの教室

・大好きな人のための♡バレンタインロールケーキ(2日に開催)※小3から中学生までが対象

・ビさんの中国のお正月料理(3日に開催)※子育て中のお母さんが達人として参加

・武田さんの松前風オリジナルキムチ(6日に開催)

・古民家で味わう親方の粋(8日,14日に開催)

・基本の和食出汁の取り方と米の炊き方を学ぶ(13日に開催)

・最新蒲鉾工場見学と笹かまぼこ手焼き体験(5日,8日,12日,15日に開催)

・今日は、ぼくわたしがつくるよ石巻焼きそば教室(3日に開催)※親子向けの教室

・ナポリタンとふろしき(14日に開催)

・パソコンでできる小物づくり(13日に開催)※子育て中のお母さんが達人として参加

・流木で作る大切な人への贈り物(3日,10日,17日に開催)

・ペルーの打楽器カホンを作ろう(10日に開催)

・大地からの贈り物パワーストーンでブレスレットづくり(12日に開催)

・銀粘土でアクセサリー(4日に開催)

・絵手紙で出す季節の便り(15日に開催)

・雄勝石アートと海鮮丼(10日に開催)

・切らずに仕立ててサッと結ぼうさくら作り帯仕立て体験(9日,15日に開催)

・春の花を織るさをり織り体験(11日,12日に開催)

・ラップ☆ファクトリー(2日,9日に開催)

・みんなのデビューライブ☆石巻(16日に開催)※中高生を出演者として募集

・昼から復興バー(17日に開催)

 

活動の成果

・当初の目標としてプログラムを実施する達人の数26名、参加者数450名などを掲げていましたが、実績値として達人の人数26名を達成し、目標を上回る497名の方にご参加いただけました。このうち女性の参加者は全体の約8割、メインターゲットと考えられる20歳以上40歳未満の女性は全体の4分の1程度(アンケート回答から推計)の方にご参加いただきました。定員以上の申し込みのあったイベントも多く、参加できなかった方からは次回はいつ開催するのかといった質問も多く聞かれました。

・子育て中のお母さんである達人の一人が起業するなど3人のプチ起業家が誕生しました。また参加した達人たちからは自分がやっている活動や事業を広げるきっかけになった、達人同士でコラボレーションの話が持ち上がった、テストマーケティングの機会としてとてもよかった、といった評価をいただけました。

・1日はオープニング企画としてIIHOEの川北秀人氏をお招きし子育て会議を開催しました。参加者からは話を聞けて参考になった、このような場を何度もやって欲しいという声をいただき、今回の会議がきっかけとなって子育て支援者らによる協議会設立の準備が進みだしました。

・親子プログラムとして開催したおからベーグル作りや石巻焼きそば作り教室などでは「なかなか子供と一緒に料理を作る機会がなかったのでとても楽しかった」、「みんなと料理することがとても楽しかった」といった声が聞かれ、親子で楽しい時間を過ごすいい機会を作ることができました。

・参加者の満足度は高くアンケート回答者の平均的な満足度(100点満点)は96点だったほか、34名の方が次回開催するときは達人として参加を希望するなど、自分の趣味や特技を活かして活動したいという方が大変多かったことがわかりました。

<寄付者へのメッセージ>

皆様のあたたかいご寄付のおかげで、今回初めて実施した「石巻に恋しちゃった♡」を成功裏に終えることができました。多くのメディアに取り上げていただき、お母さんや子どもたちをはじめ参加者の満足度も高く、さらにたくさんの方が次回の開催や、その際に達人として参加することを希望していました。石巻で暮らす人たちのパワーとやる気に触れ、これからの石巻の復興に向けてこちらの方が力をいただいた思いでした。これからも2回、3回と継続的に実施していきますので、今後とも温かいご支援をいただければと思います。

年度別 助成団体活動レポート一覧

お問い合わせ
〒105-7303
東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング13階
Tel:03-6889-1560 Fax:03-6889-1568

メールでのお問い合わせ

このサイトについて個人情報の取り扱いについて免責事項よくあるご質問財団についてお問い合わせサイトマップ