活動レポート ~活動実績のご紹介~

団体名【K² TRY ACTION】

2016年03月31日

ユースアクション東北

団体名【K² TRY ACTION】

団体名

K² TRY ACTION

活動地域

岩手県釜石市

団体人数

11人

活動内容

ウォークラリー式の町内ゴミ拾い活動の実施

活動参加人数

52人

活動期間

2015年8月~12月のうち15日

助成額

59,400円

子どもたちが自分たちの町に関心を持ち、携わるきっかけをつくるため、地元をめぐりながら清掃をするウォークラリー形式のゴミ拾いを実施しました。
活動の背景

釜石市にとって大きな希望となる「ラグビーワールドカップ2019」の開催地の選出が決定しました。
しかし、地元の子どもたちは、この行事を「自分事」として捉えられていないのではないかという疑問が浮かびました。自分たちの町が盛り上がっているのだから、もっと積極的に釜石に携わってほしいと思い、地域とつながる活動の1つとして今回の活動を企画しました。

活動説明

小学生たちは、付き添いの高校生とともに、地図を手に道を歩きながらゴミを探したり、チェックポイントをめぐりながら課題を解くなど、グループで協力しあい、活動に参加しました。

収集したゴミは、集会所で広げて何があるか確かめてみたり、ゴミに関するクイズを高校生から出題してもらうなど、ゲーム感覚でゴミについて学びました。また「なぜ地元にゴミが多いのか」を考えるきっかけにもなりました。

活動の成果/学んだこと

今回の活動を通して、地域のために活動している方や、震災を機に釜石に戻ってきた方など、たくさんの方と関わることができました。どの方にも共通しているのは「釜石が好き」ということです。何をするにしても自分の町のことを好きじゃないと本当にいい活動はできないということを学びました。

また、例え地元の人ではなくても「地域のために何かしたい」という気持ちがあれば、誰でもアクションは起こせるということも学びました。

今後の予定

今後の予定は、具体的には決まっていませんが、子どもたちにとって、何かを始めるきっかけとなるような活動をしていきたいです。また、小さな子どもだけでなく、同年代や高齢者の方など、幅広い世代の方にもどんどん活動の輪を広げていきたいです。

 

財団の寄付者の方々へ

この度は私たちの活動にご支援いただき、本当にありがとうございました。
みなさまのおかげで、活動は予想を大きく上回る大盛況となり、見事大成功となりました。
今後も地域のためになるACTIONにTRYしていきたいと考えておりますので、K² TRY ACTIONをよろしくお願い致します。

 




当財団への寄附について

東日本大震災復興支援財団は、震災被災者への長期的な支援のために、一般のみなさまからの寄附をお願いしています。おあずかりした寄附金は全て、東日本大震災復興支援の公益目的事業の財源として活用させていただきます。詳細は以下のページをご参照ください。 

寄附でのご支援

お問い合わせ
〒105-7303
東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング13階
Tel:03-6889-1560 Fax:03-6889-1568

メールでのお問い合わせ

このサイトについて個人情報の取り扱いについて免責事項よくあるご質問財団についてお問い合わせサイトマップ