よくあるご質問

質問カテゴリ一覧

財団に関するご質問

支援活動に関するご質問

当財団へのご支援に関するご質問

回答一覧

財団に関するご質問

財団について

活動内容を教えてください。

東日本大震災で被災した東北の子どもたちへの支援活動を行っています。子どもたちがこれまでのように学び、遊び、夢を描ける環境をつくるために、現地の行政や教育機関、NPOなどと協力ながら、中長期にわたる活動を行っていきます。

設立経緯を教えてください。

設立者である孫 正義が、東日本大震災で被災した子どもたちへの支援を行うため、個人の資産を拠出して、2011年6月に設立しました。

財団の財源は何ですか。

設立者からの寄附金および当財団の活動趣旨に賛同いただいた企業、団体、一般の皆さまからの寄附金が財源となります。

ソフトバンクグループとはどのような関係ですか。

当財団の設立者である孫 正義は、ソフトバンクグループの代表を務めていますが、財団への寄附金は個人の資産から拠出しており、当財団とソフトバンクグループの間に資本関係はありません。

支援活動に関するご質問

「福島こども力プロジェクト」にに関するよくあるご質問

福島こども力会議の説明でこどもたちや保護者が参加するとありますが、具体的には誰が参加し、いつ開催されるのでしょうか。

現在検討中ですが、プログラムに参加したこどもやその保護者が会議に参加できるようにしていきたいと考えております。各プログラムごとに行うか、プロジェクト全体で行うかは検討中です。

福島こども力プロジェクトの一員になるためにはどのように応募すればよいのでしょうか。

2014年5月までは、2013年6月27日のプレスリリースで発表した団体と、現在プログラム調整中の団体で進めていく予定です。一般公募については現在検討中です。
「福島こども力プロジェクト」の開始についてのプレスリリース

今後支援団体が増える場合、どのようなジャンルの団体ですか。

ITや留学などのジャンルを検討しております。

第1弾ととして7団体が決定したと記載がありますが、今後支援先団体は増える予定なのでしょうか。

現在検討中ですが、今後増える予定です。

支援先団体はどのように選ばれたのでしょうか。

震災支援の継続性や教育的な内容を行っているか、などの視点と、当財団で定めたプロジェクトの指針から検討し決定いたしました。

具体的には何を行うのでしょうか。

『自然体験、スポーツ、アート、国際交流、科学』などのプログラムを実施する団体の活動を支援し、未来の福島を支える人材を育成する活動のために使用していききます。各プログラムの具体的な内容は支援先の実施団体で異なります。
また、こうした支援団体や、福島の子どもたちと保護者の方々、自治体などとともに、福島のこどもたちの「こども力」を伸ばすプログラムがどうあるべきかを考える「福島こども力会議」を開催し、プログラムに反映させます。

福島こども力プロジェクトとはなんでしょうか。

子どもが本来持つ力を引き出すような活動を行うさまざまな団体を支援することで、福島県の将来を担う人材育成を支えていくプロジェクトです。

「福島こども力プロジェクト」の各プログラムの内容や申込方法について教えてください。

各プログラムの詳細や申込方法につきましては、プログラムを運営する各団体へお問い合わせください。

福島こども力プロジェクト

「子どもサポート基金」について

法人格のないボランティア団体ですが、申請はできますか。

法人格がなくても申請可能です。

他の助成団体にも申請中です(他の助成団体から同一の活動に対して一部助成を受けています)が、申請は可能ですか。

費用の切り分けが明確であれば申請は可能です。

支援対象となる「子ども」とは何歳くらいまでですか。

大学生までです。

「○○」のような活動は申請対象になりますか。

東日本大震災で被災した子ども達への支援活動であれば、全て申請の対象になりますが、助成の可否は選定委員会で審査されます。宿泊を伴うプログラムについては、申請条件をご確認ください。

子どもを持つ保護者への支援活動は申請対象になりますか。

子ども達の生活環境を改善することにつながる保護者への支援活動であれば、対象になります。

1件あたりの助成額の目安はありますか。

特にありません。

事業にかかる費用全額を申請してもよいですか?

全額の申請も可能です。

「直接費用」と「間接費用」の違いはなんですか。

「直接費用」は、申請する活動に直接必要となる費用です。直接の支援活動に係わるものであれば、人件費等の申請も可能です。「間接費用」は本部の人件費など団体の運営に係わる費用です。

助成金の支払いは前払いですか、後払いですか。

助成契約締結後、原則として前払いです。申請内容によっては、分割払い等の助成条件が付される場合があります。

推薦状は、誰からもらえばいいですか。

特に指定はありませんが、支援先の方、連携団体の方など活動をよく知っている方が好ましいです。

推薦状をもらうのに時間がかかります。後日送付でもかまいませんか?

2月8日(金)の消印に間に合う場合は、指定の送付先(渋谷郵便局)にお送りください。それ以降は、当財団に直接ご送付ください。ただし、2月15日(金)必着です。またいずれも団体名を明記してください。

推薦状にフォーマットはありますか?

特にありませんが、推薦者の所属・連絡先(電話番号)は明記してください。

推薦状に捺印は必要ですか?

捺印は不要です。

「まなべる基金」について

4年制の定時制の場合は4年間給付がありますか?

3年間で月額20,000円(総額72万円)を給付しますので、4年制の定時制の場合には、月額15,000円(返済不要)を4年間(総額72万円)給付します。

年2回の活動報告は何月を目安にどちらにお送りすればよいでしょうか?

奨学金給付対象者の方にあらためてご連絡いたします。

給付対象者はいつ頃を目処に決定するのでしょうか?

2013年1月末を予定しております。

奨学金は、一括で振り込まれるのでしょうか?

2013年の給付スケジュールでは、2013年5月末に12万円(4年制の定時制、通信制の場合は90,000円)、10月末に12万円(4年制の定時制、通信制の場合は90,000円)をお振込みする予定です。

奨学金の募集人数を教えてください。

750名程度です。書類選考のうえ、給付対象者を決定いたします。

奨学金の給付金額はいくらですか?

月額20,000円 (返済不要)です。4年制の定時制、通信制の場合は月額15,000円となります。

「まなべる基金」で対象となるのはどのような生徒ですか?

以下の(1)~(5)の全てを満たす方が対象者です。(※詳細は、募集要項をご覧ください。)


  1. (1)平成4年4月以降に生まれた、東日本大震災発生時に岩手県・宮城県・福島県の、高等学校、高等専門学校、もしくは高等専修学校等(以下「高校等」という。)、または中学校に在学しており、かつ、平成25年4月1日時点で高校等に在籍していることが見込まれる生徒。

  2. (2)東日本大震災発生時に家計を支える方が岩手県・宮城県・福島県に居住していた生徒

  3. (3)東日本大震災の影響により、家庭が経済的に困窮し、それにより進学・修学が困難な生徒

  4. (4)平成24年9月現在、他の給付型奨学金を受給していない生徒(中学3年生の場合、継続して高校等まで給付型奨学金を受給する場合は申込できません。)

  5. (5)希望を持った高校生活を送る意欲のある生徒

「まなべる基金」奨学金制度とは?

東日本大震災によって高校等への進学や修学が経済的に困難になってしまった生徒のための奨学金制度です。
高校等在学中の最大3年間、月額20,000円を給付します。返済の必要はありません。現在在籍されている学校を通してご応募ください。書類選考のうえ、給付対象者を決定いたします。

まなべる基金の採用通知を受けたが、他の奨学金(県の奨学金、ユニセフ、似鳥財団など)も採用となりました。まなべる基金を受給できますか?

申請時に給付型を受給していなかった場合は受給可能です。

支援活動全体について

これまでの具体的な活動を教えてください。

高校生向け奨学金「まなべる基金」や福島県の子ども向け体験プログラム「ふみだす探検隊」、子どもたちへの支援活動を行う団体に助成する「子どもサポート基金」、お子さままたは妊婦がいる福島県のご家庭に対する一時転居助成など行っています。詳細は、助成事業一覧をご覧ください。

すでに公募・実施が終了した支援活動について、今後継続する予定はありますか。

支援活動の実施については、被災地の状況やニーズに合わせて、随時検討しております。継続が決定した場合は、当ホームページ上で発表いたします。

支援活動が新しく公募された場合、どのように知ることができますか。

当ホームページで発表いたします。また、一部の支援活動については、当財団が発行するメールマガジンでも随時お知らせする予定です。登録は、こちらのページから行っていただくことができます。

「18歳まで携帯料金サポート」に関するご質問

支援に関する問い合わせ先を教えてください。

公益財団法人東日本大震災復興支援財団 18歳まで携帯料金サポート担当宛までお問い合わせください。
TEL: 03-6889-1560(10:00~12:00 / 13:00~17:45)

サービス内容等に関する問い合わせ先を教えてください。
ドコモ
[総合お問い合わせ(ドコモインフォメーションセンター)]
ドコモの携帯電話から・・・・151(無料)
一般電話などから・・・・フリーダイヤル 0120-800-000
※一般のIP電話からは接続できない場合があります。
[HP] http://www.nttdocomo.co.jp

au
au携帯電話から・・・・157(無料)
au以外の携帯電話、一般電話から・・・・フリーダイヤル 0077-7-111
※一般のIP電話からは接続できない場合があります。
[HP] http://www.au.kddi.com

ソフトバンク
[ソフトバンクカスタマーサポート 総合案内]
ソフトバンク携帯電話から・・・・157(無料)
一般電話から・・・・0800-919-0157(無料)
※海外からは利用できませんのでご了承ください。
[HP] http://mb.softbank.jp/mobile
[HP] http://disneymobile.jp

ディズニー・モバイル
[ディズニー・モバイルカスタマーセンター総合案内]
ディズニー・モバイル携帯電話から・・・・157(無料)
一般電話から・・・・0800-2222-157(無料)
[HP] http://disneymobile.jp

ワイモバイル
[ワイモバイルお客さまサポート]
[HP] http://www.ymobile.jp
ワイモバイルの電話から・・・・116
他社の携帯電話、固定電話などから・・・・0120-921-156
各種申込書が、ダウンロードができません。

郵送対応させていただきますので、当財団「18歳まで携帯料金サポート」宛(03-6889-1560)までお問い合わせください。

一定額通知サービスまたはこれに類するサービスの設定方法は?
加入条件の一定額通知サービスまたはこれに類するサービスについて、本支援開始後にauをご利用の方は、以下よりお申し込みをお願いいたします。 au以外をご利用の方は、通知金額を10,000円以内で設定をお願いいたします。

ドコモ
一定額到達通知サービス
http://www.nttdocomo.co.jp/charge/online/limit/

au
料金安心サービス
http://www.au.kddi.com/ryokin_waribiki/ryokin_option/ryokin_anshin/index.html

ソフトバンク
一定額お知らせサービス
http://mb.softbank.jp/mb/mysoftbank/charge_guide/constant_amount_info.html

ディズニー・モバイル
一定額お知らせサービス
http://disneymobile.jp/product/service/safty3#info
支援の対象外となるサービスを教えてください。
ドコモ
・電報料
・DCMXminiご利用代金(お買物代金)
・ドコモ ケータイ払い(ご利用代金)
・ドコモ ケータイ送金(利用料)
・ドコモ ケータイ送金(ご送金代金)
・W WINGケータイレンタル料
・レンタル端末補償料
・データ通信サービス等に関する料金など

au
・まとめてau支払いご利用代金
・au ONE netご利用料金等
・データ通信サービス等に関する料金など

ソフトバンク
・ソフトバンクまとめて請求ご利用代金
・データ通信サービス等に関する料金など

ディズニー・モバイル
・データ通信サービス等に関する料金など
携帯電話回線を譲渡した場合や引越しなどにより、契約内容が変更した際の連絡方法を教えてください。
登録情報変更書をダウンロードいただき、変更内容記載の上、当財団宛へご送付お願いいたします。
なお、携帯電話回線の譲渡により携帯電話契約者が変更になった場合には、新たに携帯電話契約者となられた方が本支援利用規約に同意することが必要です。
※下線部分より必要書類をダウンロードしてください。
MNPにより他の携帯電話事業者へ変更した場合の支援の継続方法を教えてください。

MNPを利用して他の携帯電話会社に変更される場合、現在支援を受けている携帯電話の契約解除と同時に支援が終了となります。 変更後の携帯電話会社にて支援を希望される場合は、変更後に再度支援のお申し込み手続きを行ってください。
必要な書類(以下記載)を再度、当財団宛へ送付ください。
・本人(携帯電話利用者)の本人確認書類
・携帯電話契約者の本人確認書類
・携帯電話回線契約状況確認書類
・各種申込・変更依頼書(支援申込書、情報変更・請求先変更申込書・同委任状、未成年後見人の同意書)
※戸籍謄本取得請求書・委任状を提出いただく必要はございません。

当財団へのご支援に関するご質問

当財団への寄附について

寄附をしたいのですが、どのような方法がありますか。
銀行振込みのほか、以下のような方法でご寄付いただけます。
  • クレジットカード
  • かざして募金
  • Yahoo!ネット募金
  • JapanGiving
詳細は、こちらのページをご覧ください。 なお、現金書留やお持込みはお受け付けしておりません。
寄附金控除の対象となりますか。

当財団への寄付金には、特定公益増進法人としての税法上の優遇措置が適用され、寄付金控除が受けられます。詳しくは国税庁の該当ページまたは、当財団へお問い合わせください。

領収書の発行はできますか。
Tポイントを利用した寄付(Yahoo!ネット募金)利用した場合を除き、発行可能です。
  • 当財団の口座へ直接お振込みいただいた方は、こちらの申請フォームからご依頼ください。
  • クレジットカード決済でご寄付いただいた方は、それぞれの決済サイト上で事前に領収書をお申し込みください。
  • 「かざして募金」及び「Yahoo!ネット募金」「Japan giving」を経由してご寄付をいただいた方は、当財団へ直接ご依頼をいただいても領収書の発行をいたしかねます
    それぞれのサイトで事前にお申込みください。
実名で寄付をしましたが名前が公表されることはありますか。

原則、お名前の公表は行っておりません。一度のご寄付が10万円以上で、掲載をご希望された方のみウェブサイトなどでご紹介しております。

匿名での寄附はできますか。

寄附金をお振込みいただく際に、匿名で行っていただくことが可能です。 ただし匿名でのお振込みの場合は、領収書の発行ができかねますので、予めご了承ください。

寄附金の返金は可能ですか。

原則、お返しできません。

物品・サービス提供支援について

財団を通じて、被災地に物資を送ってもらうことはできますか。

大変申し訳ございませんが、被災地への物資はお受け付けしておりません。

その他ご支援について

寄附金以外の方法で、財団に協力することはできますか。

ボランティアのご支援と、物品・サービス提供でのご支援をお受け付けしております。詳しくは、以下のページをご覧ください。

財団のHPにリンクを張りたいのですが、許可は必要ですか。

原則として、当サイトはリンクフリーです。 バナー用の画像をご要望の際は、下記よりご連絡をお願い致します。

お問い合わせ

お問い合わせ
〒105-7303
東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング13階
Tel:03-6889-1560 Fax:03-6889-1568

メールでのお問い合わせ