活動レポート ~活動実績のご紹介~

ふみだす集中ゼミ in 会津若松 活動報告

2012年04月03日

ふみだす集中ゼミ in 会津若松

ふみだす集中ゼミ in 会津若松 活動報告

12名の中学3年の生徒たち全員無事志望校へ合格

活動日程

2011年12月26日(月)~2012年3月18日(日)

活動場所

福島県会津若松市

参加者

震災の影響による学習遅れに不安を抱える中学生など

参加費

無料

2011年12月から2012年3月まで、震災の影響で学習の遅れに不安を持つ子どもに無料学習サポートを行う「ふみだす集中ゼミ in 会津若松」を実施しました。

震災後、被災地では、避難所での生活や転校を余儀なくされた生徒から、学習遅れに対する不安の声が上がっていました。当財団では、「震災の影響で、生徒た ちが希望する進路や夢を諦めて欲しくない」という思いから、子どもの教育支援で実績を持つ特定非営利活動法人キッズドアと協力し、福島県会津若松市で無料 学習サポート教室を開始しました。運営はキッズドアが行い、当財団は、資金面でのサポートを担っています。

活動風景

「ふみだす集中ゼミ」には、約20名の生徒が参加し、ボランティアの講師が、生徒のペースにあわせた学習指導を行いました。参加者のうち、12名いた中学3年の生徒たちが全員無事に志望校へ合格しました。以下、ゼミに参加した3人の生徒からの感想をご紹介します。

Aさん

震災が起きて、放射能のことがとても心配でした。
私は、2度ほど他県に転校をしています。会津若松にきて、友達も多く避難してきていたので、心配は徐々に解消されてきました。ただ、環境が変わりすぎて勉強に全く集中できなかったので、学習面でも遅れが心配で、ゼミに参加しました。
参加して、学校の実力テストの点数が上がったことが嬉しかったです。将来は芸術系の出版社で働きたいので、高校では、写真部か美術部に入部して頑張りたいです。 先日、高校に無事に合格できました。皆さん、本当にありがとうございます。ただ、原発事故で、行きたかった高校へ進学できなかった生徒がいるということを、忘れないでほしいと思っています。

Bさん

震災後、会津若松に避難してきました。不安はそれほどなかったのですが、雪が降る土地に住んだことがないので、居住に関しては、今でも少し不便を感じています。 夏休みに引越しをしたのですが、勉強ができなかったので焦りを感じてゼミに入ろうと思いました。参加して、苦手だった理数系を克服できたのが良かったです。 高校に行ったら、ソフトテニス部に入って新しい友だちをたくさん作りたいです。本当に沢山の方から支援をいただき感謝しています。私も将来、人を喜ばせられるパティシエールになりたいです。

Cさん

最初、避難所に着いた時には死んでしまうのではないかと本当に不安でしたが、避難して、不安は全くなくなりました。ふみだす集中ゼミに応募したきっかけは、父がチラシを持ってきたことです。受験勉強のことで悩んでいたので応募しました。
参加してよかったのは、数学の証明問題を丁寧に教えてもらい、先生が「大丈夫だから」と励ましてくれたことです。
今後は、建築系の高校へ進学するため資格をとり、将来は建築関係の仕事をしたい。震災復興にも協力してみたいです。今後、もし他の地域で災害などが起こったら、自分もボランティアなどをして役立ちたいと思います。




当財団への寄附について

東日本大震災復興支援財団は、震災被災者への長期的な支援のために、一般のみなさまからの寄附をお願いしています。おあずかりした寄附金は全て、東日本大震災復興支援の公益目的事業の財源として活用させていただきます。詳細は以下のページをご参照ください。

寄附でのご支援

お問い合わせ
〒105-7303
東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング13階
Tel:03-6889-1560 Fax:03-6889-1568

メールでのお問い合わせ

このサイトについて個人情報の取り扱いについて免責事項よくあるご質問財団についてお問い合わせサイトマップ