活動レポート ~活動実績のご紹介~

2014年度 みやぎゴールドジュニアアスリートアカデミー 第1回競技体験プログラム

2014年05月07日

みやぎ「夢・復興」ジュニアスポーツパワーアップ事業

2014年度 みやぎゴールドジュニアアスリートアカデミー 第1回競技体験プログラム

講座名

第1回競技体験プログラム(銃剣道)

日時

2014年4月19日(土)

場所

七ヶ浜武道館(宮城県宮城郡七ヶ浜町)

参加生徒数

27名(4年生/30名中)

4月19日、七ヶ浜武道館で平成26年度みやぎジュニアトップアスリートアカデミー第1回競技体験プログラムを開催し、4年生を対象に、銃剣道の競技体験を行いました。 ほぼ全員が初めて銃剣道を体験しましたが、、みんな熱心に取り組んでいました。 多くの指導者に参加していただいたおかげで、一人ひとりに目が行き届いた指導ができました。

<みやぎジュニアトップアスリートアカデミーについて>

復興の原動力として、長きにわたって活躍できる人材を育成することは、被災県全体にとって非常に重要です。この取り組みは、宮城県の小学生を対象として、トップアスリートを育成するとともに宮城県の子どもたち全体の体力向上を目指しています。小学4~6年生を対象としてトップアスリートを目指す育成プログラムを実施する「みやぎジュニアトップアスリートアカデミー」と、運動能力補強プログラムを行うことで、宮城県の子どもたち全体の体力向上を目指す「未来を担うみやぎっ子 体力向上キャンペーン」を行います。スポーツを通じ、復興を支える心身ともにたくましい人材を育てるためのプログラムです。

実施プログラム

銃剣道

日頃馴染みの無い銃剣道の競技理解とともに、武道を通して礼儀作法を重んじる心を養うことを狙いとし、プログラムを実施しました。

子どもたちは身長と同じ位の木銃を扱うため、最初はぎこちない動きが見られましたが、順応が早く、すぐにスムーズな動作ができるようになっていました。「突」の際に声を出すのは、一斉にやる時はできていても、みんなの前で披露する際には途端に声が小さくなってしまう子が多くいました。

しかし、プログラムの最後に見せて頂いた試合には迫力があり、子どもたちは圧倒され、真剣に見入っていました。

‘相手を敬い、礼をする。’これは、普段の生活や年上の方と接するときに挨拶することにも通じている行いです。講師からは、「礼」の持つ意味についても子どもたちに丁寧に説明がありました。

帰りがけ、「今日はありがとうございました!」と元気な挨拶ができていた子が多くなったことに、成長が感じられました。

活動風景




当財団への寄附について

東日本大震災復興支援財団は、震災被災者への長期的な支援のために、一般のみなさまからの寄附をお願いしています。おあずかりした寄附金は全て、東日本大震災復興支援の公益目的事業の財源として活用させていただきます。詳細は以下のページをご参照ください。 寄附でのご支援

お問い合わせ
〒105-7303
東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング13階
Tel:03-6889-1560 Fax:03-6889-1568

メールでのお問い合わせ

このサイトについて個人情報の取り扱いについて免責事項よくあるご質問財団についてお問い合わせサイトマップ