活動レポート ~活動実績のご紹介~

2014年度 みやぎジュニアトップアスリートアカデミー 第2回育成プログラム

2014年06月10日

みやぎ「夢・復興」ジュニアスポーツパワーアップ事業

2014年度 みやぎジュニアトップアスリートアカデミー 第2回育成プログラム

講座名

第2回育成プログラム

日時

2014年5月10日(日)8:30~16:30

場所

グランディ・21(宮城郡利府町)

参加生徒数

80名(3学年合計90名中)
29名(4年生/30名中)、26名(5年生/29名中)、25名(6年生/31名中)

4月13日、みやぎジュニアトップアスリートアカデミーの一環である、「みやぎゴールドジュニアトップアスリートアカデミー」の第1回育成プログラムを実施しました。 「育成プログラム」では、オリエンテーションやレクリエーションを通じてアスリートとしての知識を習得し、社会性・人間性を高めていきます。また、アスリートの素地を養うための最先端トレーニングをトップレベルの指導者により実施します。

<みやぎジュニアトップアスリートアカデミーについて>

復興の原動力として、長きにわたって活躍できる人材を育成することは、被災県全体にとって非常に重要です。この取り組みは、宮城県の小学生を対象として、トップアスリートを育成するとともに宮城県の子どもたち全体の体力向上を目指しています。小学4~6年生を対象としてトップアスリートを目指す育成プログラムを実施する「みやぎジュニアトップアスリートアカデミー」と、運動能力補強プログラムを行うことで、宮城県の子どもたち全体の体力向上を目指す「未来を担うみやぎっ子 体力向上キャンペーン」を行います。

実施プログラム

report_academy051002.gif
身体プログラム(リズム) 4~6年生

はじめに、指導にあたる大学生にパフォーマンス(ブレイクダンス・新体操)を見施てもらい、子どもたちの「やってみたい」という気持ちを引き出しました。子どもたちは迫力の演技に見入っていました。
グループごとに分かれてのダンスの練習では、基本動作の習得からはじめ、最後には自分たちで考えた決めポーズも取り入れたダンスをみんなの前で披露するまでになりました。

report_academy051003.gif
身体プログラム(走)4年生

「走り」のプログラムとして、緩急をつけ瞬発的な走力トレーニングを行いました。また、地面を蹴る反力を鍛える姿勢づくり、身体の操作スピード向上を目指し、マーカーやラダーを使ってフットワークの動きを練習しました。

report_academy051004.gif
身体プログラム(身体制御) 5、6年生

身体を垂直に保ったり、バランスを取ったりするエクササイズメニューを行い、身体制御を学びました。個人により苦手な姿勢があり、子どもたちは先生から正しいフォームを教わりながら、苦手なメニューにも一生懸命取り組んでいました。

report_academy051005.gif
ドッジボール

子どもたちが大好きなドッジボール。投げる力が強い、かわすのが上手、というように、得意なことががはっきり分かりました。途中から、外野にパスして後ろから攻めるなど、チームプレーができるようになっていました。

report_academy051006.gif
知的徳育

「今週・今月・夏休み」までに、「家・学校」のそれぞれで、達成したいことの目標を立てました。速く走れるようになる、お母さんの手伝いをするなど、自分で課題を見つけて考える力を養う訓練になりました。

report_academy051007.gif
保護者プログラム(子どもの発育・発達)

身体・精神それぞれの側面から、子どもたちの成長と変化について知るとともに、“親”としての役割・接し方について講座受けてもらいました。運動能力が向上する時期に、身体的にも精神面でも活動をサポートする親の理解と協力が必要であるとして実施しました。

 

 

活動風景




当財団への寄附について

東日本大震災復興支援財団は、震災被災者への長期的な支援のために、一般のみなさまからの寄附をお願いしています。おあずかりした寄附金は全て、東日本大震災復興支援の公益目的事業の財源として活用させていただきます。詳細は以下のページをご参照ください。

寄附でのご支援

お問い合わせ
〒105-7303
東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング13階
Tel:03-6889-1560 Fax:03-6889-1568

メールでのお問い合わせ

このサイトについて個人情報の取り扱いについて免責事項よくあるご質問財団についてお問い合わせサイトマップ