活動レポート ~活動実績のご紹介~

子どもサポート基金助成団体レポート

子どもサポート基金の助成先団体の活動レポートをご紹介しています。
>子どもサポート基金について

>2013年度第4期

北上プレーパーク有志の会

石巻市北上町の子どもたちのための冒険遊び場づくり活動
震災前から子どもたちは危ないから・汚くなるから・うるさいからと、子どもらしい面を見せずに遊んでいたのではないか。畳み掛けるように被災地における遊び場所・時間が減少したため、子どもらしく自由にのびのび遊ぶこと、その環境が身近にあることが必要であると考え、避難場所にもなっている学校の裏山で冒険遊び場を開催した。  ・遊び場への子どもたちの定着化(生活の中に遊びを)  ・地域の大人に子どもの遊びへの理解を深める(考え方の共有)  ・広報する(魅力をアピールする)  ・遊び場活動の報告会や勉強会を開く(次の世代へ伝える)  ・石巻市内の他地域で子どもの遊び場活動をしているグループとの連携(ネットワークづくり)

基本情報

活動期間 平成25年4月~平成25年9月 計61日間
活動地域 宮城県石巻市  
支援人数 300人
活動人数 スタッフ14名、ボランティア4名、のべ292名
連携団体 NPO法人日本遊び場づくり協会
NPO法人りあすの森
石巻市立北上小学校

写真

  • ベーゴマ遊び
  • べっこう飴の作成
  • 保護者向けの講習会

活動の背景/内容

活動の内容

2012年度はNPO法人日本冒険遊び場づくり協会の被災地支援により、冒険遊び場を開催することができたが、当団体は被災地の親が作った組織であるため、冒険遊び場の運営ノウハウに欠ける。NPOの被災地支援が行われなくなった後でも、当団体が自分たちで冒険遊び場を運営していけるよう、考え方を共有し魅力をアピールすることが必要であると感じ、活動を実施した。

活動の内容

4月~9月「うらやまでプレーパーク」を計54回、開催した。

月・水・金曜日、放課後2~3時間

 

土曜日・祝日・夏休み、10:00~16:00

プレーリーダーに見守られる中で、ロープ・ネット遊び、手作りブランコ、ターザン、工作、森の探検、草花や昆虫採集、プール遊び、七輪を囲んで昼食やおやつ作りなど、子どもがやりたいと思った遊びを自由に行った。

 

6月「プレーパークってどんなとこ?」勉強会 講師:須永力(ぶんちゃ)

「地域のお父さんたちに昔の遊びを調査」ヒアリング 兵庫県立大学と協働

 

8月「心が折れるくらいなら、骨が折れたほうがマシだ」講演会2回 講師:渡辺達也

活動の成果

今年度から下校バスの時間が少し遅く出発するため、放課後「うらやまでプレーパーク」で遊んでから帰る子どもが多くいた。放課後のほんの少しの遊びの時間を、授業が終わるのを今か今かと心待ちにしている様子が伺えた。土曜や夏休みの1日開催の日も、開催時間の30分も前に待てずに来ていたり、終わりの時間が過ぎても暗くなるまで遊んだり、子どもたちは1日開催でもまだ遊び足りないといった感じで帰っていく。

助成金を頂けることで安定した開催日数で行えました。遊び場に必要な工具や木材、遊び道具もそろえることができました。遠く静岡から講師を呼ぶなど講演会は合わせて3回行うことができました。お陰様で子どもたちへ遊び場の定着化、地域の方の遊び場への理解を深めることにつながりました。

年度別 助成団体活動レポート一覧

お問い合わせ
〒105-7303
東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング13階
Tel:03-6889-1560 Fax:03-6889-1568

メールでのお問い合わせ

このサイトについて個人情報の取り扱いについて免責事項よくあるご質問財団についてお問い合わせサイトマップ