活動レポート ~活動実績のご紹介~

団体名:夢見るcloset

2019年02月06日

ユースアクション東北

団体名:夢見るcloset

団体名

夢見るcloset

活動地域

宮城県石巻市

団体人数

9名

活動内容

2017年7月:石巻市の川開きの祭りでワークショップを開催。フォトブースを作ったり、お客さんにドレスの飾りを作ってもらいました。前回のファッションショーで披露した秋のドレスでは、使用した葉っぱを商店街の方に協力していただいたため、今回の協力依頼も兼ね、企画書を渡してお願いをして回りました。
その他の活動として、デイサービスセンターでバレエなどを披露しました。

2017年12月:ウォーキング、ポージングの練習をし、演出も工夫しました。
本番の前日からは会場で本格的に準備をし、椅子のセッティングや装飾を行いました。

活動参加人数

160名

活動期間

2017年4月~2017年12月

助成額

171,241円

石巻ならではの、石巻でしかできないファッションショーを行い、もっと地元を好きになってほしい

活動風景

活動の成果/学んだこと

チームメンバーが部活やバイトなどでそれぞれ忙しいため、なかなか全員が顔を合わせることができず、そのため、メンバー間の意思疎通で悩んだこともありましたが、思っていることを正直に言い合うことで良い結果にたどり着くことができました。

ショーが終わった後に、これからも続けて欲しいという声をたくさんいただきました。

このようなことを高校生がしていて、地元民として心強いと言ってくださった方もいて、次の活動への力になりました。

お客様にはショー終了後にリボンに感想を書いていただいたのですが、多くの方が高校生からパワーをもらった、これからも頑張って!というあたたかい言葉を書いてくださっていました。

前回のショーよりも関わってくれた人が多く、チームで活動する素晴らしさに改めて気づくことができました。チームで活動することで、大変なことや嫌なことがあっても、メンバーの笑顔を見ると「みんなで石巻に魔法をかけているんだ」ということが実感でき、たくさんの壁を乗り越えることができました。また、ドレスを一から作ったので、ショーが終わった時の達成感は今まで感じたことがないほど大きかったです。私の大好きなドレスで大好きな石巻に住んでいる方たちを笑顔にすることができましたし、私自身も元気をもらえました。

これからも石巻をより明るい街にしていきたいと思います!

寄付者へのメッセージ

普通の高校生ではできないことをたくさん経験し、自分ならではの学びを得ることができました。

本当にありがとうございました。

まだ具体的には決まっていませんが、今回の活動を通して大好きなドレスで人を幸せにできることがわかったので、今よりもっと人を幸せにできる活動をしていきたいと考えています。

幸せとは人それぞれ、正解などありませんが、自分の活動で人の心を動かしたいです。




当財団への寄附について

東日本大震災復興支援財団は、震災被災者への長期的な支援のために、一般のみなさまからの寄附をお願いしています。おあずかりした寄附金は全て、東日本大震災復興支援の公益目的事業の財源として活用させていただきます。詳細は以下のページをご参照ください。

寄附でのご支援

お問い合わせ
〒105-7313
東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング13階
Tel:03-6889-1560 Fax:03-6889-1568

メールでのお問い合わせ

このサイトについて個人情報の取り扱いについて免責事項よくあるご質問財団についてお問い合わせサイトマップ