募集要項

応募資格

まなべる基金(第7期)へは、以下の資格1~6の全てを満たさないと応募ができません。全ての資格に該当する場合は、「まなべる基金(第7期)奨学金応募関連書類」で詳細をご確認いただき、応募に必要な書類をご準備ください。

資格1:生年月日
平成10年4月以降に生まれ、平成30年4月1日時点で高校等に在籍していることが見込まれる生徒。
資格2:東日本大震災発生時の居住地
東日本大震災発生時に岩手県・宮城県・福島県の小学校に在籍していた生徒で、かつ、その生徒の家庭で主に家計を支える方も岩手県・宮城県・福島県に居住していた。
資格3:被災をしていることが証明できる
東日本大震災発生時に岩手県・宮城県・福島県で被災したことを、罹災証明書(半壊以上)または被災証明書の提出により証明できる。
資格4:所得の合計基準
応募者と家計を同一にする18歳以上の家族の「平成29年度所得証明書(平成28年1月~12月分)」の所得合計が以下の基準を下回っている。
応募者と家計を同一
にする家族の人数
2人 3人 4人 5人 6人 7人 8人 9人
所得合計
(18歳以上の家族)
213.6万円 302.3万円 370.5万円 430.8万円 507.6万円 579.9万円 651.2万円 721.7万円
資格5:他の奨学金との重複受給がないこと
他の給付型奨学金と重複受給はできません。貸与型奨学金でも高校卒業で返還免除となる実質給付型奨学金(例:宮城県被災生徒奨学資金)を受給している場合も重複受給はできません。
資格6:配慮すべき経済負担がある
以下の配慮すべき経済負担の事象の1つ以上に該当する家庭の生徒。
①-a
震災当時の持家が震災により居住できなくなり、自宅を新たに購入し再建した。
①-b
震災当時の持家が震災により居住できなくなり、家賃の自己負担がある賃貸住居に入居している。
震災当時の持家が震災により修繕が必要になり、修繕に自己負担額が50万円以上かかった。
福島第一原発事故の影響で避難し、二重生活を送っており、避難先で住居費を自己負担している。
④-a
福島第一原発事故の影響で一家全員で避難し、避難先で住居を新たに購入した。
④-b
福島第一原発事故の影響で一家全員で避難し、家賃の自己負担がある賃貸住居に入居している。
福島第一原発事故の影響で6か月以上避難し、震災前に居住していた市町村に帰還して生活している。
事務所等が罹災して、自営業再建のために自己負担額が50万円以上かかった。
⑦-a
主に家計を支える方が平成29年9月現在、病気等の理由で働けない状況にある。または、雇用保険受給期間満了前で、かつ転職活動中で無職状態にある。
⑦-b
主に家計を支える方が平成29年9月現在、非正規雇用で仕事をしている。
⑦-c
主に家計を支える方が平成29年9月現在、正規雇用で仕事をしているが、過去3年間に2回以上転職を経験し、いずれかの転職で「自己都合以外」の理由による転職をしている。

募集要項

まなべる基金(第7期)の募集要項は以下よりダウンロードの上ご確認ください。
応募に必要となる書類(奨学金願書等)は、本ページ右側の「応募書類」よりダウンロードいただけます。

お問い合わせ

ご質問・ご相談がございましたら、下記フォームよりお問い合わせください。